様々な仕事の求人情報を確認して、より自分の働きやすい環境を探そう

大工の求人状況

造作も型枠も大工は不足している

建設業界は超繁忙状況が続いておりますが、専門労働者の不足が顕在化して問題になっています。特に躯体業者である鉄筋工や型枠大工の不足が顕著となっています。専門業者でも全国に網を広げて求人活動を行っていますが、不足状況の解決にはなっていません。求人対象としては経験者はもちろん若年者については未経験でも教育することを前提に求人活動を行っています。消費税増税による駆け込みの反動で、住宅の供給は滞ってはいるものの湾岸地域を中心に超高層マンションの売れ行きは好調なため、造作大工についても不足気味に推移しています。特に造作大工については技術の習得に時間がかかるため、現在の不足状況は今後大きな問題となる可能性があります。

若い人の魅力ある職場とすることが重要

建設現場は長らく3Kと言われてきました。しかしながら、今日では業界全体を上げての取り組みで労働環境は大幅に改善されています。しかしながら外部での作業が多いため、天候の影響を受けることは免れません。日本全体の労働人口の減少以上のスピードで建設業界の労働人口は減少しています。建設会社の一部では大工や鉄筋工を自ら育成しようとする取り組みが開始されています。自社で検収する場所を設けて人材を求人しています。建設関連の技術も若ければ若いほど習得が早く出来るので、このような取り組みは効果的と言えます。即効性という面ではあまり期待は出来ませんが長期的な視野での取り組みが建設業界にも出てきたことは非常に好ましいことです。各企業が知恵を出してこの問題に向き合うことが重要です。若年労働者もこうしたことが整備されると応募者も増えると思われます。

Copyright (c) 2015 様々な仕事の求人情報を確認して、より自分の働きやすい環境を探そう all reserved.